BLOG

正直な音楽ってなんだろう

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ソルフェージュ
  4. 音楽学校を除籍になった理由。

音楽学校を除籍になった理由。

ブルガリアは北海道くらいの大きさの小さな国。

そんなブルガリアには国をあげて音楽家を育てる、音楽の小学校が7つもあります。

もちろん無料です。

IMAの指導者でもある友人から聞いたのですが、知り合いの小学6年生の子がその音楽学校から

除籍になったそうです。

専攻楽器は優秀な成績だそうなのですが・・・

優秀な生徒さんがなぜ?・・・?

学校を除籍になった理由は、

ソルフェージュの試験結果が良くなかったからだそうです。

楽器の演奏が主体になっている日本だと考えられないと思います。

日本の感覚だと、自分の専攻楽器がそれなりに出来ていたら、

例えソルフェージュの点が少しくらい悪くても

成績に反映されるだけで、「除籍」とまではいかないでしょう。

ここにブルガリアの音楽教育レベルの高さの秘密があるのだな、と思います。

「音楽」の本質を学ぶことがきちんと重要視されているところが、

音楽教育レベルの高さを物語っていますね。

日本でいうソルフェージュとは理論、聴音だけと思われているところがあります。

それだけだと、実際の演奏の際に何も活かせないものとなってしまいます。

ソルフェージュとは、もっと広範囲にわたります。(過去ブログやwebサイト参照されてください)

本当の良い音楽とは、良い音とは、このテイストを養うことも、

ソルフェージュともいえるかもしれません。

結局、どんな楽器のレッスンもただ音を並べるだけではなく、

様々な知識や、優れた耳、リズム感、歌、

なにより、自分の内側に流れる「音楽」が生命力、推進力を持っていなければ、

それは空洞の音楽になってしまいます。

テクニックを磨くことは大変重要です。

ただ、内側に流れる音楽がなかったら・・・どうでしょう。

自分の内側に流れるリズムがハーモニーが生命力を持っていなければ、

技術を磨いたところで宝の持ち腐れです。

テクニックという道具は、広い意味でのソルフェージュ力があって初めて生きるものなのです。

音楽の本質、それはソルフェージュにあるといっても過言ではありません。

日本の音楽が上辺だけでなく、もっと本質から変わることを祈りつつ、発信し続けたいと思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事